不妊症の原因

現代の女性でのカラダに悪影響を与えるのは、仕事や人間関係のストレス、栄養バランスの偏った食事、歪んだ姿勢などがあります。これらの問題が少しずつ女性ホルモンが左右させて妊娠できないカラダにしてしまします。

東洋医学では、体質で不妊の状態を診るのに4つのタイプに分けて治療を行っていきます。すべての人が4つに当てはまるわけではなく混合の方もいます。

瘀血タイプ

『瘀血(おけつ)』は血が滞っている、血行不良の不妊タイプ。子宮筋腫や子宮内膜症もこのタイプになります。
このタイプの症状としては、辛い月経痛、レバー状の塊が生理中に出る、舌や歯茎が紫がかっている、感情の起伏が激しい、頭痛・首・肩こりがある、くすみやしみ・クマができやすいなどがあります。カラダの中で「血」ががスムーズにめぐっていない方です。
血が巡っていないということは卵巣や子宮に栄養が行き渡らないのです。妊娠後も流産を起こしやすいこと、瘀血の治療は長くかかるので、早め体質改善が必要です。

腎虚タイプ

「腎虚」は文字通り「腎」が十分に機能していない症状で原因は冷えにあります。腎は生命維持に最も関わっており、生殖機能をコントロールし、ホルモンの分泌も司っています。このタイプは生まれつきカラダが弱いことからくるものと食べいる栄養素によって後天的になるタイプがあります。
腎虚のタイプの症状は、3周期以上整理がきていない、腰痛、疲れると下半身が重だるい、性欲がない、肌につやがなく老けて見られる、頻尿・尿漏れなどがあります。
腎虚は、妊娠しずらく、妊娠しても早産の可能性や胎児の発達の遅れの原因となります。腎虚は不妊だけはなく、妊娠中の健康維持も難しかったり、産後の体調不良も起きやすい傾向があります。

気滞タイプ

「気滞」タイプは「気」のめぐりが悪い状態のタイプ。ストレスによって自律神経が乱れると精神的に不安定になります。
気滞のタイプの症状は、月経周期の乱れ、月経時の胸や下腹部の張りが強く痛む、イライラしたり、落ち込むなどの症状が現れやすいです。
東洋医学では、陰陽論という分野がり、陰と陽と反対でありながらも調和することが大切だと学びます。どちらが強くても弱くても気のめぐりが悪くなり、自然治癒力が低下してしまいます。さらに自律神経やホルモンの乱れも生じます。
自律神経の交感神経が優位の状態が続くと、血流が悪くなり、カラダ中が冷えてきます。そのままにしているとどんどん崩れていき、カラダの不調具合は増えていってしまいます。いったん崩れてしまうと自分自身の力だけでは回復が難しくなってしまいます。それが原因で妊娠力を低下させてしまうのです。

血虚タイプ

「血虚」タイプは「血」がが不足したタイプ。食べ物からの栄養をカラダの隅々まで運ぶ「血」が不足しています。
血虚タイプの症状は、貧血・顔色が悪い・めまい、目が疲れやすい、月経量が少ない・月経周期が長い、睡眠の質が悪いなどがあります。
血をカラダ中に運べませんから、卵巣や子宮に良質な血が十分に行き渡らないため、排卵もうまくいかなくなります。妊娠後も早産の原因や赤ちゃんへの発育にも影響を与えてしまいます。

妊活における鍼灸の特徴

近年の研究で鍼灸を行うと、妊娠率が上がることが分かってきました。なぜ妊娠できるようになるかといいますと、
東洋医学である鍼灸は、西洋医学にはない特徴、利点あるからです。
最も大きな違いとしては薬を使わずに、鍼の刺激やお灸の熱の力で、本来体が持っている自然・自己治癒力を高めることができます。
もちろん既に薬を服用している方でも兼用することもできます。
薬は一時的に症状を緩和するものであって、病気の根本原因を取り除くことはできません。はり灸では、根本原因となるスポットを中心に治療を行っていきます。人は同じ人でもその日によって症状が違うこともあり、その時そのときの状態に合わせて治療を行っていくことでかなりの効果が出すことができます。
トリニティはり灸治療院では、カウンセリングをしっかり行い、患者様に合った治療を行っていくことで、妊娠しやすいカラダつくりができるのです。

不妊治療における鍼灸の効果

治療には上記のように全体を診ながら、健康なカラダを取り戻す方法と卵巣のツボやホルモンバランスを調整するツボにはり灸を行うことで、卵巣機能を安定させることができ、妊娠しやすくなる方法をトリニティはり灸治療院では行っております。
西洋医学では、ホルモン注射や臓器に直接作用させるものが中心です。東洋医学であるはり灸では、ホルモンの状態を調整して妊娠しやすいカラダつくりにしていくことが目的で行われます。
体外受精をしても、本人のカラダのバランスが崩れていては、妊娠には至りません。受け入れられるカラダづくりが必要なのです。
そのためには自律神経を正常に働かせ、ホルモンバランスを整えることで妊娠の可能性が高まるのです。
鍼灸は末端部分の血液循環への即効性がすばらしく、血流にのってカラダのすみずみまで栄養が行き渡ることで、ぽかぽかとカラダが温まり、子宮や卵巣などの妊娠にかかわる臓器も温まります。さらに新陳代謝が活発になるので、不妊改善効果があると言われています。血流はカラダだけでなく、脳にも届きます。脳にはホルモンの分泌をつかさどっている器官がありますので、ホルモンの分泌を活発にし、安定効果も得られます。
鍼灸にはリラックス効果もあります。リラックスしている時に出ると言われるアルファ波を増大させる効果がり、ストレス耐性を高める効果もあると言われています。
このように自分自身のカラダの治癒力、元気なカラダづくりで不妊症で悩まれているご夫婦と一緒に一日早く赤ちゃんが授かるようにと願いながら、不妊鍼灸治療取り組んでいます。

不妊治療における鍼灸の注意点

まずは、すでに不妊治療を行っている方は、鍼灸を行ってもいいかどうかをかかりつけ医に確認しましょう。
不妊治療だけでなく、鍼灸はその特性上すぐに効果が得られるものではなく、本人のカラダの健康状態によります。
一般的に週1回程度で半年程度の通院が必要だと言われていますが、患者様の自然治癒力の改善には個人差がありますので、
状態に関してはその時そのとき施術後にご説明いたします。

不妊治療におけるMHB自由が丘の特徴

また、100%鍼灸で妊娠するかというと個人差があります。妊娠できない理由をMHB自由が丘ではいろんな方面から原因を
見つけることができます。
「癒しの美薫」では、開業して2年で4人の方が妊娠しました!というご報告を受けております。詳しくはHPをご覧ください。
「ファスティング」では「妊活ファスティング」という方法もございます。
「分子栄養学」では、血液検査のデータをもとに細胞を元気にさせるアプローチを行っております。
ファスティングと分子栄養学の詳しい内容はHPをご覧ください。
それぞれの専門担当者が併用する場合には、連携を取り、健康なカラダづくりを行っておりますので、安心して治療に励む
ことができます。

お気軽にお問い合わせください。03-5701-7717受付時間 9:30-20:00 [ 日曜日除く ]

メールでのお問合せはこちらお気軽にお問合せください。