鍼(はり)とお灸の怖いイメージはどこから?

鍼灸は「痛そう」「熱そう」などのイメージを持たれている方が多いのでは?

「鍼」と聞くと「注射のハリ」の様な「痛い」イメージ

「お灸」と聞くと「火を使う」「熱い」=「火傷する」というイメージ

これらのイメージには誤解があります。

確かに痛かったり熱かったりする鍼灸院もあるかもしれません。

ですが当院の行う鍼灸治療は痛みを極力押さえ、火傷を負うようなことのない治療を心掛けています!その為に日々、技術を鍛え、使用道具を研究しています。

鍼と針の違いってご存知ですか?

鍼は医療用に作られた専用の物を使用しており、鍼の先端が皮膚から筋肉までスルリと入りやすく痛みの出にくい構造になっています。

 

鍼の直径は「0.12㎜」や「0.14㎜」ほどの細さでこれは髪の毛と同じ位の細さなのです。ですから鍼をさす痛みは少なく、抜いた後もほとんど血が出ることはありません。

ただし、体質や体調によって痛みが出ることがあるかもしれませんが、痛みの度合いは「つまようじの先でつつかれた」程度です。

 お灸が熱くない理由

従来のお灸はヨモギの葉を乾燥させた「もぐさ」に直接火をつけて患部を温める治療法ですが、当院のお灸は火が直接皮膚に触れずに熱だけを患部に通す方法です。

右のお灸はもぐさの量が少なめで、初めてお灸する方や、熱さに敏感な方向けのお灸になります。臭いも少なく、痕もつきません。

左のお灸はもぐさの量が多めで、温熱の範囲が広く伝わります。冷えの強い方や、お灸の治療を受けなれた方などにおすすめです。少し熱めですが治療効果の高いお灸です。うっすらヤニのあとがつく場合もありますが、2~3日で綺麗に消えます。

 

当院での鍼灸のやり方

鍼灸は体質やその時の体調によって感じ方や効果などが変化します。鍼ならば筋肉の質や硬さ、お灸ならば体の冷えや滞りなど。

その様な患者様ごとの体質や体調の違いを把握し、その状態にあった鍼灸道具を選び、その状態にあった治療内容を施していきます。

このことから当院の鍼灸は安心して治療を受けられます。

 

お気軽にお問い合わせください。03-5701-7717受付時間 9:30-20:00 [ 日曜日除く ]

メールでのお問合せはこちらお気軽にお問合せください。